ゲーム

メイプルストーリーの思い出【β時代】その1

メイプルストーリーの思い出【β時代】はβ~正式サービス開始までの話
かえでサーバーともみじサーバーしかなかった頃の話なのでかなり古い

メイプルストーリーでコミュニケーションの基礎を学んだ

メイプルストーリーの思い出は初期BGMを聞きながらしんみり書いてます。

当時を懐かしむことができる人がいれば下記の動画をどうぞ。


その昔、ネトゲ黎明期が過ぎて落ち着いた頃のお話。

FF11が神ゲーとして君臨していた時代に若い子達はメイプルストーリーというゲームに夢中になっていた。

メイプルストーリーというのは3D大正義の時代に「スーパーマリオ世代に贈るMMORPG」というキャッチコピーで、あえて横スクロールのアクションRPGとして勝負を挑んだオンラインゲームである。

パソコンを持っていてネットが繋がっているという、当時ではちょっぴり裕福な家庭の小学生~中学生に絶大な人気を誇っていた。

またゲーム内で交わされる言葉も日本語のようで少し違う。

 

メイプル語日本語の意味用途
oi(おい)あの人に声をかけるときの基本。クッション言葉でもある
おまえすみません、ちょっといいですか軽い挨拶。初対面の人にはおまえと呼ぶのが基本
おれのかりばここは私が狩りをしている場所なのですが主張。狩場で相手が自分に気づいていない時に使う
よこすんな横から私のモンスターを殴らないで要望。自分の狙っているモンスターが倒された時に使う
しね死ね別れの挨拶の基本。相手に死んでほしい時に使う

 

礼儀作法すら独自に進化を遂げた姿だった。

メイプルストーリーには日本にはない文化がある。

子どもたちが魅了されるのも当然だったように思えて仕方がない。

 

けれど、今のようにVC(ボイスチャット)などはなかった時代だ。

ただひたすら、キーボードを叩き文字を打つことで相手とのコミュニケーションを取るしか無い時代。

 

そんな懐かしめば1日じゃ足りない歴史のあるメイプルストーリーだが

なんといっても、全てのオンラインゲームでも屈指と言えるほど

 

治安の悪さで有名だった……

 

自分以外は全て敵 舐められたら負けのゲーム

今でこそネットゲームのキャラクターを操作しているのは、自分と同じ人間だからマナーは大切だと言われてもわかるはず。

当時はメイプルストーリーに限らず、酷いなんてものではなかった。

自分以外のプレイヤーは人間(敵)という認識が基本。

メイプルストーリーでは「おい」から始まる会話で、相手との折り合いがつかなければ喧嘩がはじまってしまう。

当然ファンシーなゲームデザインのためPvP(プレイヤー同士のバトル)は実装されていない。

ゲーム内で決着がつかなければゲーム外まで波及する。

 

要するに、リアルファイトだ。

 

卍x死投蒼鬼x卍「おまえどこに住んでんの」

けんた「○○にすんでる」

卍x死投蒼鬼x卍「そうか」

卍x死投蒼鬼x卍「じゃあ」

 

 

卍x死投蒼鬼x卍「今から殺しにいくわ」

 

 

メイプルストーリーが今の自分をつくった

 

まだ幼い子供だった私はメイプルストーリーで多くのことを学んだ。

人の狩場にうっかり踏み入ると下手すりゃ殺されてしまうこと

気に入らないことがあれば人気度というパラメータを下げられること

「俺のお父さんはネクソンの社長」といえば相手が大人しくなること

そして…

言葉巧みに人を騙すプレイヤーがいるということ。

 

次回:スリーピーウッドに潜む IQ180小学生窃盗団

メイプルストーリーの思い出【β時代】その2メイプルストーリーには現代を生き抜く力がある あの頃、誰もが純粋な子供だった。 人の狩場にうっかり踏み入ると殺される可能性がある...