どんな人なの

中の人ってどんな人なの

なぜ靴下は片方だけなくなるのか十年以上考えている。

FF11とMapleStoryに育てられたネトゲ渡り鳥。

どっしり構えて遊べるネットゲームを探しているがまだ見つかっていない。

親戚のオジサン(当時20代)の影響で幼少期からバイクとインターネットに触れてきた。

黒背景に基本白文字のテキストサイト(雑文サイト)全盛期にインターネットの濃い部分に全身で浸かっていたため、今でも文字を書くのが好き。超好き。たぶん3日間寝ずに書ける。

 

 

小学生の頃にネットゲームと出会う

小学校が終わったらすぐに親戚のオジサン家に入り浸っていた。

オジサン達はゲームにハマっていると聞いて

「そんなに面白いゲームってどんなの?」と尋ねる。

 

オジサン達がやっていたのは……

 

未来を先取りした伝説のゲーム
ファンタシースターオンライン

しかも、ドリームキャストという今みても渋いゲーム機……

ネオジオとかセガサターンとかで格闘ゲームをイラつきながら対戦プレイしているのはよく見かけた。

だけど、笑いながら楽しそうにゲームをプレイするオジサンを初めて見たので口をポカーンとあけて驚いたのを覚えている。

画面の向こうに友達がいるという意味をまだ理解できなかった時代

 

いつも2~3人いるのに、その日は誰もいなかった。

 

「よう、今日もきたのか」

「○○と○○、今日は家にいないけど、このキャラクター達を操作してるのはあいつらなんだよ」

(おじさん…ついに頭が……)

正直、おかしくなったのかと思ってしまった。

部屋に一人だというのに、いつものようにタバコ吸いながら楽しげにキーボードを叩くオジサンが変に見えたからだ。

 

でも、すぐにわかった。

ゲームの中にいるキャラクター達はちゃんと返事をするし、ゲームの中でも相変わらずバイクの話をしていたから。

このとき屈強なオジサン達が太い指でキーボードを叩き、大きな手で小さなマウスを操作する可愛い姿を見て、これからの時代はインターネットでの交流がメインとなることを確信する。

 

とはいえまだ小学生。

ずーっと見ていたけれど、当時の自分にはまったく面白そうだと感じなかった。

 

そしていつの間にかネットゲームばかりで構ってくれないオジサンの家に遊びにいかなくなり、子供らしい日々を送るようになっていた。

 

まだ幼かった自分にはネットゲームは早かったのだろう。

そう思っていた少しあとに悪魔のゲームをプレイすることになる……

 

暴言や詐欺が当たり前のメイプルストーリーと出会ってしまう

自分以外は全て敵だ!!
暴言を吐かれる前に吐いてやれ!!

騙される前に騙してすべてを奪いとれ!!

 

そんなキャッチコピーが付いていてもおかしくない恐ろしいゲームだった……

メイプルストーリーに出会ってしまったことで、価値観が何もかも変わった。

コミュニケーションとは何か?を基礎から教え込まれた。

自分にとって育ての親とも言えるゲーム。

メイプルストーリーの思い出【β時代】その1 メイプルストーリーの思い出【β時代】はβ~正式サービス開始までの話 かえでサーバーともみじサーバーしかなかった頃の話なのでかな...

 

いろんなネットゲームで多くを学び 今では社会人に

 

学びを得たゲームはとても多い。

ファイナルファンタジーXI
ラグナロクオンライン
REDSTONE
リネージュII
シールオンライン
マスターオブエピック
マビノギ
お絵かきの森

この中でもメイプルストーリーは全てを教えてくれた。

何を学ぶか、どのように学ぶか、どう活躍するか

前に踏み出す力も、考え抜く力も、チームで働く力さえも学べた。

 

メイプルストーリーのおかげでインターネットの怖さを叩き込まれたし

あの世界を生き抜いたからこそ今でも拭いきれない胡散臭さがこびりついている。

 

それからアルバイトも、就職も、転職も、何もかもが順調に進み

リアルとインターネットで出会った人たちと楽しい人生を送っています。

おわり